妊娠中の腰痛をカイロプラクティックで改善

妊婦

妊娠中、特に臨月になってから急な腰痛に悩まされる方は多いですね。本当は妊娠中期頃から骨盤矯正を受けてもらい、骨盤のゆがみからくる腰痛を最小限に抑えられればいいのですが、お腹が急に大きくなってから初めて腰痛に襲われる方も多いです。

専門誌に掲載された記事によると、カイロプラクティック・アジャストメントは妊娠中の腰痛を改善させるのに適した方法であるとの研究結果が発表されています。

この研究では115人の妊婦さんが被験者として集められました。115人の被験者は全員(1)腰椎もしくは骨盤に痛みがあり、(2)過去3ヶ月カイロプラクティックの施術を受けたことが無く、(3)このリサーチへの参加についてドクターストップがかかっていない、という条件に当てはまる方達です。カイロプラクティックケアを受ける回数・頻度は被験者の状態によって異なるものの、臨床実験開始1週間後・1ヶ月後、3ヶ月後・6ヶ月後・1年後に痛みの度合いについての聞き取りがなされました。

そして痛みが減少した人の割合をまとめると次の通りです。

  • 1週間後に痛みが減少した人の割合:52%
  • 1ヶ月後:70%
  • 3ヶ月後:85%
  • 6ヶ月後:90%
  • 1年後:88%

この調査結果は115人それぞれに質問を継続的におこなったものであり、カイロプラクティックを継続的に受けることで産前・産後の腰痛の改善に効果があることが分かりました。

妊娠中・産後の腰痛でお悩みの方は骨盤のゆがみを調整することで大半のケースで改善が見込めます。さいたま市周辺で妊婦さんや赤ちゃん連れでも大丈夫な整体などをお探しの方は国際基準のKAWAEカイロプラクティックへお問い合わせ下さい。

———————-

さいたま市浦和の国際基準カイロプラクティック
www.kawae-chiro.com

 

参照:Peterson CK, Mühlemann D, Humphreys BK. Outcomes of pregnant patients with low back pain undergoing chiropractic treatment: a prospective cohort study with short term, medium term and 1 year follow-up. Chiropractic and Manual Therapies 2014;22(1):15.

妊婦さんや産後の赤ちゃん連れが大勢来院。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る