カイロプラクティックで抗酸化力アップ

さいたま市浦和のKAWAEカイロでは毎日大勢の腰痛や肩こりでお悩みの患者さんのケアにあたっています。そして出来る限り最新の情報に接して患者さんにフィードバックするための努力を惜しみません。2014年12月に出版された専門誌に「カイロプラクティックは人間の身体の抗酸化力をアップさせる」という研究結果が掲載されていましたのでここで紹介しておきます。

抗酸化物質(Anti-Ocidants)とは人間の身体を活性酸素(Free Radicals)から守ってくれる化学物質の総称です。例えば新鮮な果物はごく身近にある抗酸化物質の供給源ですが、人体の組織・細胞に生じた損傷を修復させる役割を果たす抗酸化物質を私達の身体自体が分泌させる事ができます。

その専門誌の記事では、腰痛や首の痛みに悩まされている23人を追跡調査しています。23人それぞれが5週間のうちに10回のカイロプラクティック・アジャストメントを受け、その治療開始前と終了時に血液サンプルを採取されました。血液サンプルから測定されたのは、スーパーオキサイド・ディスミューターゼ (Superoxide dismutase (SOD))、カタラーゼ(Catalase)、グルタチオン・ペロキシダーゼ (Guluthathione peroxidase (GPx))という3種類の抗酸化物質でした。

治療期間終了時にこれら3つの抗酸化物質の血中濃度がどうなっていたかというと、

  • カタラーゼは特に変化なし
  • SODとGPx濃度は有意に上昇

という結果が得られました。

このリサーチは被験者が23人という比較的小規模なもので、比較検討のために必要なコントロール群の被験者が含まれていないという欠点があるものの、数値上ではカイロプラクティックは健康増進に役立つという結論が得られました。

他のリサーチによってカイロプラクティックは免疫機能を向上させたりストレスホルモンの分泌を減少させる効果があることが分かっています。身体が本来持つ自然治癒力を向上させたいとお考えの方はカイロプラクティックが答えかもしれません。

——————————-

さいたま市浦和区の国際基準カイロプラクティック
www.kawae-chiro.com

 

妊婦さんや産後の赤ちゃん連れが大勢来院。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る